つわり生活
ホーム    リンク    サイトマップ

つわりと食事

つわり中は、何を食べたらいいのだろう・・・と悩む妊婦さんも多いはず。実際、この時期は食べられるものが限られてしまいます。そこで今回は“つわり中の食事”についてみていきましょう!

\

つわり中の食事

つわり中は何も食べられず、胎児に影響があるのでは・・・と心配する人も少なくないでしょう。しかし、妊娠4ヵ月頃までは胎児の発育のために余分にとらなければならない栄養素の量は極めて少ないとされています。したがって、十分な食事が出来ていなくても胎児に影響はありません。逆に、無理して食べると嘔吐してしまいます。食べたい食べ物を、食べたい時に、食べたい量だけ食べるようにしてください。また、起床時や空腹時には症状が現れやすいので、何か少量を口にするのも効果的です。ニオイにも敏感になるので、温かいものよりも冷たい食べ物のほうが食べやすいでしょう。

体重をチェックして、ほとんど変わらないようであれば最小の栄養がとれている証。逆に、体重が目立って減少するようであれば入院治療を要することになります。これは「妊娠悪阻(にんしんおそ)」と呼び、つわりが悪化して栄養失調などの全身的栄養障害をきたしたものです。

この時期の食生活とそのポイント

つわり中(妊娠2〜3ヶ月)は以下のポイントに気をつけ、無理のない食生活を送りましょう。

  1. 献立は妊婦の好みに合わせて、食べやすくしましょう。
  2. 空腹時は嘔吐しやすいので、1回に少量ずつ食べるようにしましょう。
  3. 嘔吐によって水分が失われるので、水分やビタミン補給に努めましょう。なお、ビタミンAの過剰摂取は危険なので避けてください。
  4. 1回の食事は少量で、なおかつ栄養価の高いものにしましょう

▲ Page top

つわりに効くレシピ

つわりで食欲が振るわないときには、食べやすくて喉越しのいいもの(ゼリーなど)がオススメです。また、酸味が効いたもの(酢やレモンなど)もいいでしょう。ここではつわり中の妊婦さんでも食べやすく、かつ栄養たっぷりのメニューを紹介します。作り方も簡単なので、ぜひ作ってみてください!

カモミール&ジンジャーティー

・ 材料

・ 作り方

  1. 器にティーパックを入れて湯を注ぎ、カモミールティーを作る。
  2. しょうが汁とはちみつを加えたらスプーンで混ぜ、しょうがの薄切りを浮かべて出来上がり。

ヨーグルトゼリー

・ 材料

・ 作り方

  1. ゼラチンは湯でよく溶かしておく。
  2. 1に砂糖とヨーグルトを入れてよくかき混ぜ、荒熱をとったら冷蔵庫で冷やし固める。
  3. りんごは皮ごとざく切りにして、砂糖(分量外)をふりかけたらレンジで1分弱温める。
  4. 2が固まったら3をのせ、上からシナモンシュガーをふりかけて出来上がり。

タコと生野菜の酢の物

・ 材料

・ 作り方

  1. タコときゅうりは輪切り、セロリは斜めの薄切り、にんじんは薄い短冊切りにする。
  2. ボールに1とかけ酢を入れて、混ぜたら出来上がり。

トマトの冷製パスタ

・ 材料

・ 作り方

  1. トマトは熱湯にくぐらせてから皮をむき、1cm角のさいの目に切る。
  2. ボウルに1とオリーブ油、赤唐辛子、塩、黒胡椒、レモン汁、ちぎったバジルを入れ、よく和えたら冷やしておく。
  3. 柔らかめに茹であげたスパゲティを冷水にとって冷やし、上から2をのせる。 バジルの葉を飾りつけたら出来上がり。

▲ Page top


このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  はてなブックマーク