つわり生活
ホーム    リンク    サイトマップ

つわりと歯磨き

つわり中の歯磨きは、吐き気がしてちょっと・・・という妊婦さんも多いでしょう。しかし、この時期は口の中がつねに汚れている状態になりがちです。また妊娠中は虫歯になりやすいともいわれています。では妊娠中の歯磨きはどのようにしたらいいのでしょうか。

妊娠と虫歯

「一子を産めば一歯を失う」という言葉があるように、妊娠中は虫歯になりやすいとされています。これにはさまざまな諸説(カルシウムが奪われるなど)がありますが、実際にはホルモンの変化によるものだとか。妊娠中はホルモンによる影響で唾液が変化し、虫歯になりやすいそうです。中でも、つわりの時期は要注意。つわり中は歯ブラシを口に入れることすら出来ない・・・という人も多く、普段と同じような歯磨きが困難な時期といえます。また、食事や間食の回数が増えて口の中の衛生状態も悪くなりがちです。そのまま放っておくと、妊娠中にすっかり歯を悪くしてしまった・・・なんてことにもなりかねません。

産後は育児に追われて、歯医者さんへ行く機会もなかなかないもの。妊娠中、特につわりの時期は口腔ケアをしっかりと行うようにしてください。万が一、虫歯になったとしても妊娠中(安定期以降)に治すよう心がけましょう。

こんな時どうする?

つわりがひどくて、歯磨きもままならない・・・という妊婦さんもいると思います。そんな妊婦さんのために、ここではつわり中の歯磨き対策をご紹介しましょう!

歯磨き粉をつけない

歯磨きという行為よりも、歯磨き粉の味がダメ・・・という妊婦さんが多いようです。そのような場合は歯磨き粉をつけず、歯ブラシのみで磨くようにしましょう。歯磨き粉をつけなくても、ブラッシングをするだけで十分効果があります。なお、歯ブラシはこまめに消毒してください。また、歯磨き粉を自分の好きな味に変える・・・という方法もあります。小さい歯磨き粉(旅行用など)で色んな味を試してみては?

歯ブラシを変える

歯ブラシが口(特に舌)にあたると吐き気をもよおすので、ヘッドが小さいものに変えるといいでしょう。また、歯と歯の間を磨くデンタルフロスも効果的です。全体的には磨けないにしろ、歯の隙間にある歯石をとるだけでだいぶ違いますよ!

うがいをする

デンタルリンス(マウスウォッシュ)や水でうがいをするだけでも、口の中はだいぶ清潔になります。また、殺菌効果のある緑茶もいいそうです。ただし、緑茶にはタンニンやカフェインが含まれているので、あくまで「うがい」のみにしましょう。

▲ Page top

うがいすら出来ない・・・

歯磨きだけでなく、うがいという行為すら出来ない・・・という方もいらっしゃいます。確かに、吐き気があるときにあの“水を吐き出す”という行為は辛いかも知れません。そのような場合には、食事の最後にサラダなどの野菜を食べるようにしましょう。他のもので食べ終わるよりも、口の中がスッキリしますよ。また、氷をなめるのもいいかも知れません。

りんごで歯磨き?

つわりがひどくても、りんごだけは食べられた・・・というママが多いとか。それもそのはず、りんごには酸味があるだけでなくシャキシャキとした食感も楽しめます。一度で二度美味しい・・・とは、まさにこのこと。しかし、それだけではありません。りんごに含まれる「アップルフェロン」には虫歯予防の効果があり、また皮ごと丸かじりすることで歯の隙間にある歯石を取り除いてくれるとか。つわりがひどく、うがいすらできない・・・という妊婦さんは、ぜひ一度りんごを丸かじりしてみてください。

▲ Page top


このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  はてなブックマーク