つわり生活
ホーム    リンク    サイトマップ

つわりで男女がわかる?

つわりの重度で“男の子”か“女の子”かが判別できる・・・といった噂があります。実際のところはどうなのでしょう? ここでは、つわりと赤ちゃんの性別について調べてみました。

つわりがひどいと女の子?

小さな女の子イギリスのとある雑誌が「つわり(妊娠悪阻)で性別が判断できる」という記事を掲載しました。これは1987〜1995年の計8年間におけるスウェーデンの妊婦さん(1,027213名)を対象にしたもので、男女比は51.4対48.6とされています。

中でも、重症妊娠悪阻で入院した8,186名の子の男女比は44.3対55.7と女児が多かったとか。この結果から、つわりがひどい場合は女の子・・・と考えられているそうです。実際、女の子だった場合にはヒト絨毛性ゴナドトロピンの分泌量が多いという報告はあります。

また、妊娠時のヒト絨毛性ゴナドトロピンの分泌によってつわりがもよおされる・・・という有力な説もあり、重度のつわりであれば女児が生まれる可能性は若干高いといえるでしょう。しかし、逆に考えると「重度のつわりでも44%は男の子」なのです。つわりが軽い、重いだけで判断するのは無理があるのかも知れませんね!

つわりは十人十色!

ミルクを飲んでいる幼児つわりがひどかったから女の子、つわりが軽かったから男の子・・・このケースに当てはまる人も中にはいると思います。ちなみに、私はつわりというつわりがほとんどありませんでした。その結果、生まれたのは男の子です。そう、見事にこの産み分け(?)の方式が当てはまっていますよね! しかし、私はそれが原因ではないと思っています。なぜなら、私の母もまたつわりがなかったからです。私の性別は「女」なので、この方程式には当てはまっていません。つまり、男女どちらになるかはつわりだけでは判断し難い・・・といえます。

どちらにしても、おなかを痛めて生んだわが子はかわいいもの。赤ちゃんの性別はつわりで判断するよりも、生まれてからのお楽しみにとっておきましょう!

▲ Page top


このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  はてなブックマーク