つわり生活
ホーム    リンク    サイトマップ

つわりと妊娠悪阻の違い

日常生活に支障をきたすほどのひどいつわりは「妊娠悪阻」と診断され、一般的な“つわり”とは区別されます。ここでは妊娠悪阻の診断基準や症状、治療法などを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

妊娠悪阻とは

うつむいている女性つわりが極端に重くなり、医師によるケアが必要になった状態を「妊娠悪阻」といいます。一般的なつわりは妊娠をきっかけにした生理現象なので、母体の健康に影響はありません。一方、妊娠悪阻では母体の機能が損なわれる恐れも。最も深刻なのは、食べられないのに吐いてばかりいるために起こる「脱水症状」です。そのまま症状が悪化すると全身の機能も低下しかねないので、水分や栄養補給のために点滴を行います。入院治療を要することもあるので、気になる症状があれば早めに病院を受診しましょう。なお、妊娠悪阻を発症するのは全妊婦さんの約1%とされています。

病院に行く目安

妊娠悪阻の症状

全妊婦の0.1〜1%にみられる妊娠悪阻は、その症状によってさらに3段階に分けられています。

第1期(軽症期)

何も食べていないのに吐き気や嘔吐があるため、胃液や血液などを吐き戻します。また、体重減少や口の中が乾くなどの脱水症状もみられるでしょう。尿の量が減り、尿中にたんぱく質が確認される時期でもあります。

第2期(中毒期)

第1期の症状がさらに悪化し、ケトン体が認められるようになります。代謝異常による中毒症状が起こり、入院を要することも。

第3期(重症期)

脳神経症状が出始め、妊娠の継続も危ぶまれるでしょう。幻覚や幻聴、視力障害などの症状があらわれ、母子ともに危険な状態となります。

▲ Page top

妊娠悪阻の治療

女性イメージ食べたり飲んだりができないのに吐いてばかりいるため、脱水症状に陥るケースがほとんどです。よって、水分と栄養を補う点滴治療が中心となるでしょう。吐き気止めなどの内服薬は胎児への影響も考えられるので、基本的には服用しません。

症状が軽ければ通院による点滴治療となりますが、家では「絶対安静」が条件です。逆に、重症であれば入院治療を要します。入院によって心身ともに安定した状態をつくり、治療に専念することが大切です。

赤ちゃんへの影響は?

妊娠悪阻では食べ物や飲み物を一切受け付けない・・・というケースも多く、赤ちゃんへの影響が気になるところ。実際、重い妊娠悪阻をもった妊婦さんのごく一部に低体重児の報告があるそうです。しかし、今までの研究において他に目立った影響は報告されていません。

ウェルニッケ脳症とは

妊娠悪阻が悪化すると、「ウェルニッケ脳症」になることも・・・。これはビタミンB1の欠乏によって発症するもので、妊娠悪阻やアルコール中毒症などの患者さんにみられます。赤ちゃんがウェルニッケ脳症になるのではなく、その対象はあくまで“お母さん(母体)”です。眼球運動障害や失調性歩行、意識障害などの症状があらわれ、後遺症を残すことも。ビタミンB1の不足によって発症するため、妊娠悪阻の患者さんにはその投与が促されています。このような話を聞くと不安になる妊婦さんも多いと思いますが、過度に心配する必要はありません。ただし、つわりでも危険な状態になり得る・・・という意識はしっかりと持っていてください。「つわりは病気じゃない」と言い聞かせているママも多いようですが、我慢は禁物です。気になる症状があれば、すぐさま病院を受診しましょう!

▲ Page top


このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  はてなブックマーク