つわり生活
ホーム    リンク    サイトマップ

つわりってなに?

「うっ!」と口を押さえて、バタバタとトイレに駆け込む・・・ドラマなどでよくみられる光景です。しかし、つわりには個人差があり、すべての妊婦さんがあのシーンを再現するとは限りません。そんな「つわり」について詳しく見ていきましょう!

なぜ「つわり」が起きるの?

つわりの原因にはさまざまな説があり、いずれも明確なものではありません。ここでは、有力とされる説をいくつかピックアップしてみました。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると黄体ホルモンや妊娠ホルモン(hCG)が大量に分泌され、体内の代謝が一変します。この急激な変化に体がついていかず、つわりが起こる・・・という説。

アレルギー反応

母体がおなかの赤ちゃんを「異物」と捉えてしまい、それに対してアレルギー反応(=つわり)が起きてしまう・・・という説。

自律神経失調症

「妊娠」という急激な変化によって自律神経のバランスが崩れ、副交感神経緊張状態を引き起こします。そのため一時的な“自律神経失調症”となり、つわりが起こる・・・という説。

精神的ストレス

妊娠や出産に対する不安、また環境の変化などがストレスとなり、つわりが起こる・・・という説。

赤ちゃんからの「休んでサイン」

妊娠初期の大切なときにママが無理をしないよう、赤ちゃんから「休んでほしい」というサインが出ている・・・という説。

つわりの時期

腰に手をあてている女性つわりは妊娠4〜7週から始まり、安定期(妊娠11〜12週あたり)前までに終わることが多いとされています。しかし、これはあくまで一般論であって、すべての妊婦さんに当てはまるとは限りません。妊娠発覚前からつわりを訴える人もいれば、出産直前までつわりに悩まされる人もいます。いずれにしても「つわり」は辛く、苦しいもの。

つわりの時期は家事もほどほどにして、ゆっくり休むようにしましょう。家族や周囲の人たちも「たかがつわり」と思わず、全面的にバックアップしてあげてください。

▲ Page top

つわりには個人差がある!

つわりの時期や症状には個人差があり、またその度合いもさまざま。中には「まったくなかった」なんてうらやましい話も耳にしますが、ほとんどの人はつわりに悩まされます。しかし、つわりには必ず“終着点”があるのです。どんなに長い人であっても、出産を終えればつわりから解き放たれるでしょう。辛い時期が続くと気分も落ち込んでくるとは思いますが、「必ず終わりがくる」と自分自身に言い聞かせて乗り切ってください。

つわりがない人も・・・

水を持っている女性つわりで入院を余儀なくされる人もいれば、まったくなかった・・・という人もいます。重い人からみるとうらやましい限りですが、なきゃないなりに不安に駆られることも多いとか。「本当に妊娠しているのか」「妊娠がきちんと継続しているのか」など、妊娠の実感が持てなかったというママは案外多いのです。また、つわりがないことで周囲から“妊婦”として扱ってもらえず、寂しかった・・・というママも。

つわりがある・ないに関わらず、子供を思う気持ちはみな同じ。「子供のため」と思うからこそ辛いつわりも乗り越えられるし、子供を思うからこそつわりがないと不安になるのです。

つわりは人だけじゃない?

医学書などをみると、「つわりは人類特有のもの」と記されています。しかし、実際のところは人だけじゃありません。つわりは犬や猫、ゴリラ、ニホンザルなどにも起こります。その症状や度合いもさまざまで、人間と同じように個人差があるのです。また、今まで大好きだったものを急に食べなくなったり、普段食べないものを食べるようになったり・・・と人間と同じような症状があることもわかってきています。中には、つわりが重くて点滴や栄養補給を行うケースも。人間以外の動物にもつわりがあるなんて・・・驚きとともに、なんだか親近感が沸きますよね!

▲ Page top


このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  はてなブックマーク